Changed Lines in A Kiss For The Petals

This is a listing of the lines that were changed in the remake edition of A Kiss For The Petals, released on 12 August 2011. Each line alternates with the original line with its current translation in CountPacula’s patch followed by the changed line. Some very minor changes (mostly typo corrections and missing or erroneous particles) are not included. As with the rest of my releases, I would like to have the entire script revised at some point in the near future after these new lines are retranslated, largely to package the CountPacula translation into one of my patchers.

S001

夕べなんて、これからの始まる学園生活を想像して、興奮して眠れなかったくらいだ。=I had gotten so excited last night, trying to imagine what life would be like here, I had been almost unable to sleep at all.
夕べなんて、これから始まる学園生活を想像して、興奮して眠れなかったくらいだ。=

「そろそろ3年生のお姉さまがたは、引退の次期ですものねぇ」=All of the third-year student leaders will be gradually retiring over the next term, as usual.
「そろそろ3年生のお姉さまがたは、引退の時期ですものねぇ」=

「でも、優菜さまは『3年生の皆様が引退されるまでは』と、ずっと断られて続けていらしたの」=However, it seems that Yuuna-sama was refusing to accept the position until all of the third-year leaders had retired.
「でも、優菜さまは『3年生の皆様が引退されるまでは』と、ずっと断られ続けていらしたの」=

S003

「ほんと? じゃあ、お姉さまって呼んでくれる?」=You mean it? You'll call me Onee-sama?
<This line appears to have been deleted from the remake.>

S006

空気がこもっていていたので、窓を開けみた。=The air felt stuffy, so I opened the window.
空気がこもっていたので、窓を開けみた。=

「実はね、他の委員に、誰もここへ近づかなせないようにお願いしてあるの」=You see, I asked the other committee members to make sure that no one came near here.
「実はね、他の委員に、誰もここへ近づかせないようにお願いしてあるの」=

S008

お姉さまはジタバタさせて、必死に弁解する。=Struggling desperately, Onee-sama explained herself.
お姉さまはジタバタしながら、必死に弁解する。=

S009

だけど、もう止まられない。=But it was too late for me to stop.
だけど、もう止まらない。=

S010

いつもの妄想クセがでちゃってたみたい。=Looks like my mind had wandered off into one of my 'trips' again.
いつもの妄想グセがでちゃってたみたい。=

「七海さんったら、校門のところからこんな感じなのですわ」=Nanami-san, you've been like this since the moment you stepped through the school gate.
「七海さんったら、校門のとこからこんな感じなのですわ」=

そこには、立派な門がそびえ立っていた。=There, an elegant gate stood, looming before us.
そこには、素敵なマンションが建っていた。=

つ、ついに発見していました!=T-this was a major find!
つ、ついに発見してしまいました!=

七海はもう止まれません。=But it was too late for Nanami to stop now.
七海はもう止まりません。=

S011

ただ、お姉さまさえ手の届く場所に居れたら――=And the only thing I needed was to be delivered into her arms...
ただ、お姉さまさえ手の届く場所に居られたら――=

「ああ、この子と一緒にいたら楽しいだろうなって」=And I thought of how delightful being together with such a girl could be...
「ああ、この子と一緒にいられたら楽しいだろうなって」=

お姉さまの手つきは、女同士だけこその繊細さとツボを心得た動きだった。=Onee-sama touched me with the delicateness and knowing movement that only another woman would be capable of.
お姉さまの手つきは、女同士だからこその繊細さとツボを心得た動きだった。=

S013

ついでに、開いてる方の乳房を手で弄ってみたり。=At the same time, I also starting teasing her other breast with my hand.
ついでに、空いてる方の乳房を手で弄ってみたり。=

お姉さまの身体が、不意にのけぞったかと思うと、一気に絶頂を向かえてしまった。=Onee-sama's body abruptly arched backwards as a climax suddenly overtook her.
お姉さまの身体が、不意にのけぞったかと思うと、一気に絶頂を迎えてしまった。=

今までのはぜんぜん本気じゃなかったこと?=As in we hadn't been being serious before?
今までのはぜんぜん本気じゃなかったってこと?=

合わさった肉の愛だから、行き場を失った愛液が卑猥な音を立てて飛び散っていた。=With our flesh joined in love, obscene sounds and splashes of wetness flew about.
合わさった肉の間から、行き場を失った愛液が卑猥な音を立てて飛び散っていた。=

きゅっと音がしそうなくらいピッタリと合わされた秘裂から、お姉さまとわたしの愛液が合わさって溢れていく。=Pressed together so sharply as to squeak, our wetness mingled together and overflowed.
きゅっと音がしそうなくらいピッタリと合わされた秘裂から、お姉さまとわたしの愛液が混ざって溢れていく。=

S014

「いいのよ。おかげで、七海の可愛い寝顔が見られたし」=It's alright. Besides, I got to watch your adorable sleeping face.
「いいのよ。おかげで、七海の可愛い寝顔が見れたし」=

わたしのアソコは恥ずかしいぐらいに密を溢れさせ、股の間だをグッショリと濡らしている。=I was overflowing down there a shameful amount, and the space between my thighs was soaking wet.=
わたしのアソコは恥ずかしいぐらいに蜜を溢れさせ、股の間をグッショリと濡らしている。=

わたしは衝動のままに腰を動かすことしかなできかった。=Continuing to move my hips like that was the only thing I was still capable of.
わたしは衝動のままに腰を動かすことしかできなかった。=

S015

その生々しい様子を見て、今さらながら恥ずかしさこみ上げてくる。=On seeing that scene in the light of day, I felt my stomach twist about in embarrassment.
その生々しい様子を見て、今さらながら恥ずかしさがこみ上げてくる。=

もうしばらくすれば、出てわたしたちは学園へと向かって歩き出す。=In just a short while, we would be leaving and walking to school.
もうしばらくすれば、わたしたちは学園へと向かって歩き出す。=

それは明日なのか、それとも10年後か分からない。=If that's tomorrow or ten years from now, I don't know.
それは明日なのか、それとも10年後なのかは分からない。=

Leave a Reply